Event is FINISHED

【参加無料】CAMPFIRE CAMP vol.2 ~お店と常連との新しいコミュニティの作り方~

Description
※6/4追記
お陰様で早くも満席のため急遽30席→50席に増席させていただきました。
ご参加を検討されていらっしゃる方はお早めにお申込みいただけますと幸いです。


クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREが主催するCAMPFIRE CAMP。

プラットフォームとして様々な分野の方々とお会いする中でいただいた“学びのタネ”を、皆さまにシェアしたいという想いで開始しました。

第2回は、有限会社ノオト代表取締役の宮脇淳さんをお迎えします。
宮脇さんは、ご自身が通われていた『立喰すし 都々井』の再オープンに際してクラウドファンディングを活用、
都々井ファンの方を中心に271名から214万円の支援を集めて
店主・筒井さんをねぎらい、お店の復活をお祝い&サポートされました。
プロジェクトページはこちら


お店とお客さんとの関係性が、多様になってきている今日この頃。
お店というコミュニティをそれぞれがどう活かしていけるのか?
”常連客”という視点、そして宮脇さんご自身もスナックの運営をされているためお店側の視点も交えながらお話していただきます。

●クラウドファンディングを活用した理由と、ファンを巻き込むために行ったこととは?
●宮脇さんほどの熱狂的な常連客を生んだ「都々井」の魅力とは?
●これからの”お店”というコミュニティについて。

「常連客がお店のためにできることって意外にあるのかも」
「お店側も常連さんに求めていいことがあるのかも」
そんな風に思わせてくれる宮脇さんの取り組みに、きっと新しいお店の価値そして常連客の価値を見つけられるはずです。
ぜひ、お気軽にお越しください。



ーーーーーイベント詳細ーーーーー

<イベント日時>
6月13日(水) 19:30~22:00
第一部:トークセッション「お店と常連との新しいコミュニティの作り方」
第二部:懇親会(軽食をご用意いたします)

<イベント会場>
株式会社CAMPFIRE
渋谷区渋谷2-22-3
渋谷東口ビル5階 MAP
株式会社CAMPFIRE内 セミナールーム
アクセス:東急東横線・田園都市線、JR山手線・埼京線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、京王井の頭線「渋谷駅」徒歩3分

※防犯のため20時にビル1階のシャッターが閉まり、入館できなくなります。
20時までにお越しいただきますようお願いいたします。

<登壇者>
編集者、有限会社ノオト代表取締役、品川経済新聞編集長
宮脇淳さま
有限会社ノオト代表取締役、品川経済新聞編集長。雑誌編集者を経て1999年、25歳でライター&編集者として独立。5年半のフリーランス活動を経て、コンテンツメーカー・有限会社ノオトを設立した。編集者としてR25の創刊に関わり、現在は各種オウンドメディアの企画・運営に携わる。フリーランス支援として、東京・五反田のコワーキングスペース「CONTENTZ」を、夜の社交場としてコワーキングスナック「CONTENTZ分室」を経営。また、全国各地でこれまで30回以上、クリエイターが集まるイベント「#ライター交流会」を実施している。2018年4月24日、シックス・アパート社がサービス停止を決めていたエッセイ投稿サイト「ShortNote」の運営を継承した。1973年3月、和歌山市生まれ。
Twitter ID: @miyawaki



<モデレーター>
CAMPFIRE PR担当:田 美智子
CAMPFIRE FOOD&LOCAL担当:菅本香菜

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#342514 2018-06-05 00:30:59
More updates
Wed Jun 13, 2018
7:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社CAMPFIRE
Tickets
参加券 FULL
Venue Address
渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル5階 Japan
Organizer
CAMPFIRE
870 Followers